中部少年学院について

ご挨拶

中部少年学院は、戦後の混乱期に下関駅周辺の戦災孤児や引揚げ孤児の様子を見かねた小野倉蔵夫妻が、子どもたちを自宅に連れ帰り、共に生活したことに始まりました。
そして、昭和21年、司法少年保護団体として財団法人中部少年学院の設立が認可され、昭和27年の社会福祉事業法の施行により社会福祉法人に組織変更し、本格的・組織的な養護活動を開始して以来、現在まで一貫して児童の保護・養育に努めてまいりました。
現在、施設名称を「なかべ学院」とし、児童福祉法に基づく児童養護施設、乳児院、こども家庭支援センター、障害児通所支援事業所などを運営の他、行政の委託を受けた児童・家庭の支援サービスや関連する各種の活動を行っています。

子どもは私たちの宝であり、その未来は光り輝くものであるべきです。私ども中部少年学院は、これからも子どもたちの未来のために、一丸となって弛まぬ努力を重ねて参りますので、どうかより一層の皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

概要

基本情報

名称 社会福祉法人 中部少年学院
所在地 山口県下関市彦島角倉町3-6-17
連絡先 TEL:083-266-1934 / FAX:083-266-8384  ※お問合せは»こちら
創立 昭和21年8月20日(財団法人中部少年学院)
設立 昭和27年5月17日(社会福祉法人中部少年学院)
役員 理事長 石川 啓
常務理事 秋枝 研二
理事 太刀山 逸男
理事 濵﨑 進
理事 咲賀 信幸
理事 沖田 哲義
理事 石﨑 幸亮
理事 竹川 智子
評議員 馬渕 春枝
評議員 藤井 昭文
評議員 藤田 武
評議員 横田 和子
評議員 榊 教夷
評議員 山口 洋一郎
評議員 桔梗 稚枝子
評議員 小倉 國雄
評議員 鬼頭 征一
監事  松井 重人
監事  中村 亮一
【評議員選任・解任委員会】
委員 酒井能具(外部委員)
委員 中村亮一(監事)
委員 小田崇明(事務長)
(順不同敬称略)
事業内容 社会福祉事業、児童福祉
定款 社会福祉法人中部少年学院 定款

事業・サービス

児童養護施設、乳児院などの児童養護を中心とした二つの施設と、児童家庭支援センター、障害児通所支援事業所などの各種サービスの運営、行政からの委託による子育て支援事業など。
※各運営施設の詳細は下記、運営施設案内からリンクをご覧ください。

定款・運営に関する情報開示

定款・現況報告書・財務資料等の社会福祉法人の「運営に関する情報開示資料」は»こちら

各運営施設

児童養護施設「なかべ学院」

「児童養護施設なかべ学院」児童福祉法第41条における児童養護施設です。
保護者不在や虐待、その他環境上養護を必要とする児童への生活支援や退所後の自立相談などの各種支援を行っています。
»児童養護施設なかべ学院の詳細ページ

乳児院「なかべ学院」

「乳児院‐なかべ学院」児童福祉法第37条における乳児院です。
保護者不在や虐待、その他保護者が養育できない状況にある1歳未満の乳児を養育およびを退院後の各種相談や支援を行っています。
»乳児院なかべ学院の詳細ページ

児童家庭支援センター なかべ こども家庭支援センター「紙風船」

こども家庭支援センター「紙風船」」児童福祉法第44条の2における児童家庭支援センターです。
虐待や不登校、発達障がい等に関する悩みなど、専門的援助が必要な子どもや家庭からのご相談に応じるとともに、ご要望にお応えして支援を行っています。
»こども家庭支援センター「紙風船」の詳細ページ

障害児通所支援事業所「そよ風」

障害児通所支援事業所「そよ風」障がいのある児童の日常生活における基本的動作の指導や独立自活に必要な知識技能の付与、集団生活への適応のための訓練などを提供する業務を行っています。
»障害児通所支援事業所「そよ風」の詳細ページ

下関市受託子育て支援事業

下関市子育て支援事業の委託を受けて次のサービスを行っています。

  • 夜間養護「トワイライトステイ」事業
  • 短期入所生活援助「ショートステイ」事業

児童を養育している家庭の保護者が、仕事等の事由によって帰宅が夜間にわたる、休日に不在の場合や、疾病等の事由によって家庭における児童の養育が一時的に困難となった場合に短期間お預かりするサービスです。
»下関市受託子育て支援事業の詳細ページ

理念・方針

養育の理念

「児童福祉法」「児童憲章」「児童の権利に関する条約」の精神にのっとり、児童の権利を養護し、心身の健やかな成長を図るとともに、自立支援を保障する援助を提供する。児童への懲戒権の乱用はこれを禁止し、児童にとって最善の利益をなによりも優先する。

基本方針

1.経営方針

  1. 当法人経営の乳児院・児童養護施設・児童家庭支援センターと協同し、乳児・幼児・学童の養育の一貫性を図り、入所児童の健全な育成に真摯に取り組む。
  2. “大切なあなたへ『すまいる宣言』”と「心がまえ」「禁止事項」を守り、入所児童にとって望ましい、より安全で安心な生活環境作りに努める。
  3. 地域や関係諸機関との連携を深め、地域の子育て支援に寄与することにより、地域にとって必要とされる存在になることを目指す。
  4. 各種研修会等に積極的に参加させることにより、専門職としての知識や技術を習得させ、職員の資質向上を図るとともに、職員が協調し合い、働きがいのある職場作りに努める。

2.運営方針

  1. 施設はそれを利用する児童のためにあることを深く意識し、児童とその保護者・家族、あるいは児童の養育に携わる職員の意見や心情を尊重しつつ、充分な話し合いのもとに協力し合い児童の養育にあたる。
  2. 児童一人ひとりの成長発達段階にあわせて、自立支援計画を策定し、心身ともに健やかな成長を支援するとともに、児童のもつ個性を尊重しその成長を図る。
  3. 保護者・家族との連絡を密にして、早期の家庭復帰が可能となるよう支援する。また入所から退所後を含めた、自立のための継続的な支援を展開する。
  4. 児童家庭支援センターや障害児通所支援事業所と連携し、地域や関係機関との交流をさらに深め、地域における児童の健全育成及び子育て家庭の支援に積極的に取り組む。地域貢献・行事・各種活動施設内行事の他、地域の皆様との交流行事の実施や、万一の苦情に対して的確な対処を行うための苦情解決委員会などを設けて、地域社会への貢献や地域の皆様とのより良い共生を目指す取り組みを行っています。

地域貢献・各種活動

院内行事の他、地域交流行事や、万一の苦情の適切な対処のために苦情解決委員会を設けるなど、地域の皆様との交流、そしてより良い共生を目指した取組を行っています。
»福祉サービスに関する苦情解決体制および地域貢献・各種活動等の紹介ページ

沿革

戦後期 戦後の混乱期に下関駅周辺の戦災孤児や引揚げ孤児の様子を見かねた小野倉蔵夫妻が、子どもたちを自宅に連れ帰り、共に生活を始める
昭和21年8月20日 司法少年保護団体として財団法人中部少年学院の設立認可される
昭和21年12月24日 初代理事長小野倉蔵・初代院長 柴田昇就任
昭和22年11月30日 第二代院長小野倉蔵就任(理事長兼任)
昭和23年4月1日 児童福祉法の施行にともない養護施設として認可を受ける(定員80名)
昭和26年4月1日 乳児預り所としての認可を受ける(定員8名)
昭和27年5月17日 社会福祉事業法の施行により財団法人を社会福祉法人に組織変更
昭和28年4月1日 乳児預り所が 乳児院 中部少年学院として認可を受ける(定員15名)
昭和42年4月1日 宇部乳児院と合併(定員35名)
昭和44年11月1日 養護施設定員90名に変更
昭和45年12月1日 乳児院定員48名に変更
昭和51年7月20日 運動場整備・乳児院増築(創立30周年記念)
昭和60年4月13日 養護施設幼児寮・調理室建替え
昭和61年10月12日 養護施設男子棟大規模修繕(創立40周年記念)
平成3年3月31日 乳児院改築・大規模修繕(創立45周年記念)(平成6年12月 中部少年学院後援会発足)
平成8年11月10日 創立50周年記念式典開催
平成9年8月1日 創設者 小野倉蔵退任、名誉理事長・院長となる第二代理事長小野俊平・第三代院長古谷誠就任

(平成9年11月6日小野倉蔵逝去)

(平成10年児童福祉法の改正により、施設種別が養護施設から児童養護施設となる)

(平成12年児童虐待防止法制定される)

平成14年4月1日 施設名を「中部少年学院」から『なかべ学院』に変更する
平成15年4月1日 第四代院長に馬渕春枝・副院長(乳児院施設長)に秋枝研二 就任
平成16年4月1日 児童養護施設でユニットケア開始する(平成16年11月3日 小野俊平逝去)
平成17年3月26日 第三代理事長に馬渕春枝就任
平成17年10月1日 児童家庭支援センター「なかべ こども家庭支援センター『紙風船』」を開設
平成18年4月1日 第五代院長に咲賀信幸就任(岩国児童相談所開設される)
平成18年11月12日 創立60周年記念式典開催
平成19年10月13日 子どもの権利養護のために「すまいる宣言」を行なう
平成20年2月18日 なかべ学院安全委員会を設置する
平成20年7月20日 第四代理事長に石川啓就任
平成23年6月8日 児童養護施設なかべ学院 新院舎建設工事に着工
平成24年3月24日 児童養護施設なかべ学院新院舎竣工式(定員80名)
平成26年4月1日 障害児通所支援サービス事業所『そよ風』を開設

賛助・後援会入会のお願い

この度は、なかべ学院のホームページを御回覧いただき、誠にありがとうございます。
学院では随時、寄付金や寄贈品を受け付けております。また、後援会もありますので、御回覧頂けると幸いです。
»「後援会・賛助のお願い」ページ

ご寄附について

振込先 山口銀行 彦島支店(店番:002)
口座番号: 6107909 名義: 社会福祉法人 中部少年学院 理事長 石川啓
頂戴いたしました寄付金につきましては、適正に受け取り、子ども達の養育のために活用させていただきたいと思いますので、お手数ですが、お振込み完了後に電話もしくはメールにて「お名前・ご住所・お下電話番号・金額」のご連絡をお願いいたします。領収証を後日発送させていただきます。
TEL: 083-266-1934 「なかべ学院」 メールフォームは»こちら

ご寄贈について

寄贈品については、事前に電話もしくはメールで「寄贈の品物・お名前・ご住所・お電話番号」の連絡をお願いいたします。
なお、生モノや、古い電化製品・家具・衣類等はお断りする場合もありますことをご了承くださいまぜ。

お名前の掲載について

ご寄付・ご寄贈を頂いた方は、情報開示の一環として、なかべ学院のウェブサイトや機関誌等にお名前を掲載させていただきます。「匿名」や「ペンネーム」での掲載もしておりますので、掲載方法についてご希望があればご連絡下さい。

※「振り込め詐欺(さぎ)」にご注意ください!
なかべ学院では、こちらからお伺いしたり、電話等で寄付をお願いすることは行っておりません。万一、そのような請求があった場合は、すぐになかべ学院にご確認いただくか、お近くの警察へご相談下さい。

保護者の皆様へ

お知らせ・お願い

保護者の皆様との絆は、お子さまにとって何よりも大切なものです。早く皆様の元へ帰ることができるよう私達もできるだけのお手伝いをさせていただきますが、お預かりしている期間については、下記の事項についてご理解とご協力をお願いします。

1.面会については事前にご連絡ください。
面会時間: 10時~17時

※午睡時間(12~14時)はなるべく避けてください。
※特別な事業がある場合はご相談ください。
※事情によっては事前に児童相談所の許可を得ていただくことがあります。
※飲酒しての面会はご遠慮ください。
2.下記に変更があった場合はご連絡をお願いします。
住所や電話番号あるいは健康保険証等に変更がありましたら、直ぐにご連絡ください。
3.お子さま宛書類が届いたらお送りください。
1歳6ヶ月児検診票等お子さま宛の書類が届きましたら乳児院迄お送りください。
4.予防接種にご協力ください。
予防接種はお子さまの健康管理上欠くことができないものです、ご協力ください。
5.外出・帰省等は事前に児童相談所に相談願います。
お子さまの外出・一時帰省のご希望がある場合には、先に児童相談所へ申し出てください。

  • 中央児童相談所: 083-922-7511
  • 下関児童相談所: 083-223-3191
  • 周南児童相談所: 0834-21-0554
  • 岩国児童相談所: 0827-29-1513
  • 萩児童相談所: 0838-22-1150

ご意見・ご要望は

遠慮なく直接スタッフにお話しください。
もし、直接には話ずらい場合、玄関に設置している「ご意見箱」または玄関に掲示している「苦情解決制」をご利用ください。